製品情報 お知らせ 会社情報 お問い合わせ
お客様からの釣果報告
HOME > お知らせ > お客様からの釣果報告

お客様からの釣果報告

お台場でシーバス(痛恨のバラシ!)

東京都墨田区 (株)ヨシズミプレスの社長 60代男性

夜のお台場。護岸からスペースアロウで挑戦。何度目かの釣行でついにヒット。

『いきなり、ガツンってきてさぁ。そのまま、ガンガン引くワケ。凄い力でさ。全然寄せらんないで。そのまま、かなり沖でバシッて、糸きられちゃったよ。』

担当者:『社長、ネットはもってたんですか?』

『だって、あんなにでっかいの、いると思ってないから持ってないよ。』

担当者からのアドバイス:

チャンスは誰にでも不意にやってきます。護岸での釣りは必ず水面まで届くネットもお願いします。

Ryu様 東京都在住(30代・男性)

場所:琵琶湖 湖南
日時:9月20日(土)曇り
タックル:ベートタックル(ラインは10ポンド)

【小バス、お前もかぁ~!!】
減水・湖全体にウィドーが広がる、非常にタフなコンディションの中、堅田から出廷。
湖上に出ても、ウィドーとウィドーの狭間を探して釣りをする展開。
朝イチ、一投目、湖底の状態を探る為に、Space Arrowをボート下に落とし、ただ巻中にヒット。

Space Arrow(シルバー)とほぼ同サイズの小バスをも、完全にクッキングさせる力に思わず笑みが…。

その後、翌日にバス釣り大会を控えた出場者達 全員 が湖底のスローな釣りを展開する中、
ライズがあった周辺へ、Space Arrow(シルバー)を投入し、早巻直後、22cmの小型バスがヒット。

Space Arrow(シルバー)の“水面直下、速巻き”正に、体感しました!!!

今釣行、Space Arrow(シルバー)では2匹の結果でしたが、
ハードルアーでの釣果が皆無な状況下だったので、大満足でした。

アリサワ様 富山県在住(70代・男性)

この年齢でルアーをしている人を見かけたことがありませんでした。
最初は使い方が難しいのかと思っていたのですが、投げて巻くだけと聞いて半信半疑でした。
実際にチャレンジしてみてサクラマスがかかった時には、こんな釣れ方もあるのかと驚きました。
今度は海でシーバスを試してみようと思っています。

ヤマモト様 大阪府在住(40代・男性)

大阪湾でタチウオが接岸の時に試してみました。
堤防でスペースアロウ(まだ製品名が決まってなかった頃)がどんなルアーより釣れました。
フックはタチウオ用です。
他の人はソフトルアーを使用していたのですが、タチウオの歯で1匹釣れるとボロボロになるので、その都度変えなくてはいけないようでした。
その点、スペースアロウは連続で投げられたため、短い時合の中で匹数を増やせました。
実に楽しい一日となりました。